【STAR ISLAND 2018】世界へと花火が打ち上げられた!

2018年5月26日(土)に未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2018」がお台場で2年連続開催され、当日は心地よい天候のもと、会場には15,000人が訪れ、一夜限りのエンターテインメントに酔いしれました。

2年目となる今年は、チケットが開催前にソールドアウト!既存の花火大会とは一線を画す新感覚のエンターテインメントに昨年以上に大きな期待が集まるなか、天気にも恵まれ当日はオープン前からエントランスに約250メートルの長蛇の列ができ、開場とともに多くの来場者がSTAR ISLANDに足を運びました。

会場には老若男女問わず幅広い人が訪れ、その中には子ども連れのファミリーも多数、特設されたキッズエリアも終始大きな賑わいを見せていました。その他にも、多くのグループやカップルが来場し、特に今年は海外からのお客さんも散見するなど、あらゆる人たちがそれぞれ思い思い楽しんでいました。

世界観はさらに洗練され、会場内の至るところに設置された計300台を超えるスピーカーから放たれる3Dサウンドが観客を包み込み、四方八方にライティングが瞬くなか、ステージには松明を手にした厳かなパフォーマーが登場、夜空に大輪の花火が打ち上がると一際大きな歓声が、その後もファイヤーパフォーマーやエアパフォーマー、水面からはウォーターパフォーマーなどが登場しました。

中盤には、音楽もポップやロックさらにダンスミュージックのトップアーティストである、ZEDD、Eric Prydz の曲が流れ、花火との相性は抜群でした。終盤には「白鳥の湖」に合わせ、なんとバレエダンサーが出現などあらゆるジャンルが3Dサウンドで観客たちの心と身体を揺さぶり、花火と演出のシンクロ度は 昨年から格段にパワーアップしていました。お台場のビル群を背景に色とりどり、様々なフォルムの花火が大観衆を魅了する中、全てが一体となりドラマティックに展開するエンターテインメントは日本の伝統文化をさらなるステージへと導いていました。

総合プロデュース 小橋賢児の思い
Q. 2回目の開催を終えてみての感想
A. 今回の方がプレッシャーが凄かったです。より最高なものを求め、どのようにすれば昨年より良いものを創れるか、ここ数ヶ月、戦いながら、自問自答しながら、時に仲間、チームと言い合いになりながら、この一瞬のためにみんなでやってきました。
STAR ISLANDは、まだたった2歩目。人間の年齢で言ったら2歳になってないくらいで、やりたいことはまだまだ無限にあります。今はまだ、最高でしたとも失敗でしたとも言うフェーズではなく、もっともっとやれることがあるなと感じた2回目でした。

Q. 今後の展望
A. もちろんこのお台場で3回目もやりたいと思います。また、キャンパスは、お台場だけでなくて世界中様々な場所にあるので、世界中のキャンパスを染め、世界中の景色とつながりたいと思っています。日本に留まらず、世界にこの文化、新しいカルチャーを持っていきたいです。

【タイトル】 未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND 2018」
【開催日程】 2018年5月26日(土)※予備日27日(日)
【開催場所】 TOKYO ODAIBA STAR ISLAND(お台場海浜公園:東京都港区台場一丁目)
【開催時間】 開場/16:00 ※当日の演出によって時間が変動する場合があります。
【有料エリア】 お台場海浜公園内
【主催】STAR ISLAND実行委員会

公式サイト
http://www.star-island.jp/
Facebook
https://www.facebook.com/starislandjp/
Twitter
https://twitter.com/STARISLAND_jp
Instagram
https://www.instagram.com/starisland_jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

この記事をシェアする