【海外旅行】これで便利!持ち物チェックリスト!

海外旅行に行く時に、何を用意したらいいかわからない人、あれを持ってくればよかったと後悔する人の為に、必要な持ち物、便利な持ち物を紹介します。

必要な持ち物
・パスポート
・ビザ(査証)
・航空券
・海外旅行保険保険証
・パスポート等、各種証明書のコピー
・証明写真(4.5×3.5cm)2枚
・クレジットカード
・現金(日本円、旅行先の通過)
・スマホ
・Wi-Fiルーター
・モバイルバッテリー
・海外用電源プラグ
便利な持ち物
・衣類
・ウエットティッシュ
・タオル
・歯ブラシ・歯磨き粉
・レインコート(カッパ、ポンチョ)
・日焼け止め
・割り箸

必要な持ち物

パスポート

海外に行くために必ず必要な物はパスポートです。これがなければいくら予定を立てていても海外に行くことは出来ません。パスポート申請は、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で行います。

申請時に必要なもの
・一般旅券発給申請書…1通 申請窓口で入手可
・戸籍謄本(または戸籍抄本)…1通 (申請日前6カ月以内に作成されたもの。)
・写真…1通 (提出の日前6か月以内に撮影されたもの)
・本人確認書類 :運転免許証・写真付の個人番号カード(写真付のマイナンバーカード)

※住民票の写し…1通 (申請日前6カ月以内に作成されたもの。)
住民登録している都道府県ではなく、現在居住している都道府県で申請する人は必要です。

早くてもパスポートは最低1週間(土・日・休日を除く)かかります。また旅行の繁忙期である、年末年始、ゴールデンウイークなどは混み合ったり、渡航先によってはビザが必要になるので余裕を持って取得するようにしましょう。

パスポートには、10年用・5年用とあり、10年用は16,000円、5年用は11,000円手数料がかかり、パスポートを受領するときに支払います。

また現在パスポートを持っている人でも海外旅行をする際、パスポートの「残存有効期間」が国によって違いますが帰国時まで約6ヶ月以上が必要とされる場合があります。旅行前のパスポート「残存有効期間」が7ヶ月を切るようであれば、早めの更新をおすすめします。

スマホ

海外でも非常にスマホが重要な役割を担います。連絡を取ったり、調べたり、MAPを見たりと欠かせないものとなっています。日本では普通に使えても海外では、携帯電話回線を利用する「海外パケット定額プラン利用」、フリーWi-Fi、海外モバイル用の小型Wi-Fiルーター、現地キャリアに対応したSIMカードが必要になります。

おすすめは海外モバイル用の小型Wi-Fiルーターです。ネットでレンタル予約ができ、渡航時に指定した空港の専用カウンターで受け取ることができるからです。出発当日に、空港カウンターでの事前予約なしの申し込みも可能ですが、事前に予約しておいたほうが安心です。

グローバルWiFiは、日本と同じ高速通信規格4G-LTEに対応している国数は業界最多クラスの合計56の国と地域で
安定した高速インターネットで使用できるのでおすすめです。

またスマホは頻繁に使用するとバッテリーがすぐなくなるのでモバイルバッテリーも必要になります。特にスマホもiPhone約3.4回分充電でき、Wi-Fiルーターも同時に充電できる2つのUSBポートを備えるこちらがおすすめです。さらに海外では日本と違う様々な種類のコンセントがあり、それらに対応する海外用電源プラグが必要です。こちらも購入しておくと良いでしょう。

現金・クレジットカード

海外では外食をした際に、外食時、ホテルで荷物を運んでもらった時、ベッドメイキング時にチップが必要なので、現地通過をいくらか用意しておきましょう。また海外では海外旅行保険などが付いているクレジットカードを1枚持っていると便利です。

便利な持ち物

ウエットティッシュ

以外に知られていないですがウエットティッシュは、海外でとても便利です。機内、食事時やトイレットペーパーが無かった時の為にも携帯をおすすめします。

歯ブラシ・歯磨き粉

ホテルに常時あると思いますが、稀にない時もあるので携帯しておくようにしましょう。また機内で歯を磨きたい人は、歯磨き粉など機内に液体を持ち込む際のルールが気にならないはみがき付歯ブラシがおすすめです。

最後に

海外旅行に出かける時は、あらかじめ予定を立て、前もっと準備をしましょう。旅行先では何かとトラブルに巻き込まれたり、計画していた通りにいかない事がありますが、落ち着いて物事が進むようにしましょう。何よりも楽しむ事が大事です。素敵な旅を!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

この記事をシェアする